大阪府 泉大津市の歯科医院  西村歯科 【一般歯科・予防歯科・小児歯科・ホワイトニング・レーザー治療・歯周病治療】

こどもの予防歯科

こども予防診療システム

口腔内写真の撮影&虫歯チェック
(一年毎に撮影し、診断結果とともに健康手帳に記録します)




ブラッシング指導
(歯ブラシやフロス(糸ようじ)が上手に使えているかをチェックします。)




6才臼歯のチェック&シーラント処置
(レーザー診断器を使います深い溝にはシーラントが効果的です)




メインテナンス
(お子様の年齢・お口の状態に合わせて2〜3か月ごとの検診とメンテナンスで健康な歯を守りましょう)



シーラント処置とは??

奥歯(臼歯)のかみ合わせの面には裂溝という溝があります。深い溝はプラークが停滞しやすく歯ブラシでは除去しづらいため虫歯になってしまうことがあります。
この溝をフッ素配合のお薬で覆います。これがシーラント処置です。



◆ シーラント処置で子供たちの大事な6歳臼歯を守ろう!

6歳臼歯はかみ合わせの基礎となるとても大切な歯です。乳歯が並んでいる列のいちばん奥に生えてくるので歯ブラシが届きにくく、生えたての間は未成熟で虫歯菌が作り出す酸にも弱く、虫歯になりやすい状態です。
シーラントをすれば必ず虫歯にならないというわけではありませんが、シーラントとあわせて定期的な検診も行うことで、効果的な虫歯予防ができます。



◆ レーザー虫歯探知機(ダイアグノデント)  虫歯の深さを測り、「削る」を最小限に・・・


当院では『ダイアグノデント』という虫歯の深さ(進行度)を計測する器械をを導入しています。6才臼歯などの裂溝もこのレーザーで定期的にチェックします。



歯っぴーオリンピック


現在コンテンツ準備中です。しばらくお待ちください。

良い歯を育てるために

@ 妊娠おめでとう   元気な赤ちゃんを産むために

妊娠に気づいたら、生まれてくる子供のむし歯予防が始まります。
まずお母さん自身のむし歯をなおす必要があります。
かわいい子供にむし歯菌を移してしまってはたいへん。
そして子供の歯を強くするためには栄養に気をつけることがとても大切です。
お母さんの歯が悪くては、バランスのよい食事でもよくかめず、大切な栄養もとれません。



A 赤ちゃんの歯はいつできる

赤ちゃんの歯は妊娠6週間ほどでつくられ始めます。そして4ヶ月ごろになるとカルシウムの沈着が始まり歯の形がつくられます。このころ、食生活が不規則になると、歯の質が弱くなり、むし歯にかかりやすいもろい歯がつくられることになります。



B つよい歯づくり 妊娠中の栄養

つよい歯づくりは妊娠と気づいたときから始まっています。歯といえばカルシウムを思いうかべますが、それだけでは材料不足です。つよい歯をつくるためには、牛乳やチーズに含まれているリンや、良質のたんぱく質、ビタミンA,C,D,などが必要です。下の表を参考にしていろいろな食品をバランスよく上手に食べましょう。


C 妊娠中に気をつけること

妊娠するとホルモンの変調で唾液が酸性になったり粘度が増します。お腹が大きくなるにつれて、胃が圧迫され、一度にたくさん食べられなく、食事の回数が多くなります。歯みがきなどが面倒になり口の中が不潔になりがちです。



D 妊娠したら

食生活を見直し、好ききらいをなくしましょう。
妊娠中はアルコール、タバコ、薬が胎児に悪影響を与えます。タバコを吸っている女性と吸わない女性の赤ちゃんを比較すると奇形児の発生率は4倍もちがいます。また、たばこを1本吸うと、レモン1個分に相当するビタミンC(25ミリグラム)が失われます。



E 娠中の歯科治療

妊娠中にどうしても歯科治療を受けなければならないときには、妊娠前期と後期は避け、妊娠安定期(5ヶ月〜7ヶ月)が良いでしょう。
レントゲン撮影や薬についてもどうしても必要な場合以外は避けたほうがよいでしょう。妊娠の疑いがあったり、妊娠に気づいた時は、はっきりと歯科医に申し出ておくことが必要です。



@ 離乳食のスタートです (2〜3ヶ月)

《おけいこ》
スプーンの練習
果汁や野菜スープをスプーンであげましょう
《アドバイス》
哺乳びんの中にミルク以外の甘いものは入れないようにしましょう。
出来るだけ母乳で育てましょう(授乳によって口のまわりの筋肉が鍛えられます。)
果汁が気に入ったからと言って、ジュースを与える習慣が付かないようにしましょう。



A ゴックンできるかな (4〜6ヶ月)

《おけいこ》
どろどろしたものを口を閉じて“ゴックン”と飲み込む練習です。( 今までは乳首をくわえていたので口は開いた状態で飲み込んでいました。)
《アドバイス》
下唇にスプーンをのせ、パクパクしながら自分で口に入れるのを待ちましょう。(上唇に押しつけてあげると簡単ですが口を閉じる練習になりません。)
離乳食の後、お茶や湯ざましを飲ませて
お口の中をさっと洗い流しましょう。



B お口をモグモグできるかな (7〜8ヶ月)

《おけいこ》
舌でつぶして“モグモグ”食べる練習です。
今までは舌を前後によく動かしていました、舌の上下運動ができるようになったら舌で押しつぶせる固さの物をあげましょう。
コップを使う練習をしましょう。
《アドバイス》
少し傾けるだけで飲める浅めのコップから練習をしましょう。



C この頃に下の前歯から生えはじめます (歯のお誕生日 年 月 日)

《おけいこ》
歯が生えたら歯ブラシを持たせましょう
歯ブラシをもっている間はのどをつか
ないように見てあげてください。
歯ブラシを使えるようになる授乳
や離乳食の後ガーゼを指に巻き歯
を磨きましょう



D 母乳・哺乳びんの卒業準備 (9〜11ヶ月)

《おけいこ》
ぐきでつぶして“かみかみ”食べる練習です。
舌の運動が左右に動くようになり顎も左右に動かして食べるように、歯ぐきで噛みつぶして食べる練習です。
《アドバイス》
哺乳びんはこぼさずに飲める便利な道具ですが、いつまでも使っていると虫歯になりやすいものです。 1才ごろまでには卒業できるようにしましょう。



D 虫歯にしないために

《アドバイス》
歯が生えたら歯ブラシを持たせましょう
甘党にしないようにしましょう
離乳食の味つけはうす味にしましょう。
ジュース スポーツ飲料は歯に良くありません。
お菓子は3歳過ぎからあげましょう。
食物は親の口移しであげないようにしましょう (虫歯菌を移さないために)
歯みがきの習慣をつけ仕上げ磨きをしましょう。



西村歯科
〒595-0021 大阪府泉大津市東豊中町1-5-55 サンストア府中2F
0725-44-7788

Copyright (c) nishimura dental clinic All Rights Reserved.